魅力ある阪急沿線の駅直結マンション

阪急沿線 駅直結マンション特集 阪急沿線 駅直結マンション特集

阪急沿線の
マンションを探す

阪急沿線 駅直結マンション特集 兵庫県
マンションライブラリー
シティネット
阪急沿線 駅直結マンション特集 マンション大全集
株式会社ウィル
阪急沿線 駅直結マンション特集 マンションライブラリ
東商ハウス

なぜ阪急沿線の駅直結マンションを特集するのか

阪急電鉄は大阪府、兵庫県、京都府に9つの路線を持つ大手私鉄会社です。大阪で最も大きな街である「梅田」を起点に電車は運行されており、通勤やショッピングなどに便利です。近年の公示地価の推移を見ていると、駅から近いエリアの地価が顕著に上昇しています。駅前では新築マンションの建設が盛んで、駅近のマンションは資産価値が下がりにくいと考えられます。このサイトでは、駅の出口とマンションの建物が陸橋や屋根付きの通路でつながっているマンションを「駅直結のマンション」と定義し、阪急電鉄の駅と直結の便利でお買い得なマンションを紹介していきます。

阪急沿線 駅直結マンション特集
阪急沿線 駅直結マンション特集

宝塚線沿線について

沿線を見る >

阪急沿線 駅直結マンション特集

宝塚線は梅田駅と宝塚駅を結ぶ全長24.5kmの路線です。前身は箕面有馬電気軌道(1910年開業)で、阪急の中で一番歴史のある路線になります。開業当初この沿線には大きな都市がなく、採算が取れるのかと不安の声も多かったですが、後に社長となる小林一三が宝塚大劇場などの娯楽施設や住宅地などを建設し、沿線開発に力を入れたたことで利用者が急増。現在では沿線に豊中市、池田市、川西市といった人口10万人以上の都市が並びます。
石橋駅からは箕面線が延び、終点の箕面駅には「箕面温泉」や「箕面の滝」につながる散策路があり、特に秋の紅葉シーズンは多くの人で賑わいます。

阪急沿線 駅直結マンション特集

神戸線・今津線沿線について

沿線を見る >

阪急沿線 駅直結マンション特集

神戸線は梅田駅と神戸三宮駅を結ぶ全長32.3kmの路線で、今津線は宝塚駅と今津駅を結ぶ全長9.3kmの路線です。今津線は途中の西宮北口駅で接続していますが、西宮北口駅を起点に宝塚行きと今津行きに分かれています。また、神戸線沿線には伊丹線や甲陽線もあります。
神戸線は田園地帯に線路を直線的に敷いてできた路線のため線形が良く、高速で走行できるところが多いため、梅田駅と神戸三宮駅を特急なら約27分でアクセスできます。特急電車は神戸高速鉄道線の新開地駅まで直通することが多く、新開地駅では姫路方面の山陽電鉄と接続しています。
神戸線沿線には岡本や甲東園などの高級住宅地が多く、関西の住みたい路線で常に上位にランクイン。有名大学も点在しています。

阪急沿線 駅直結マンション特集

京都線・千里線沿線について

沿線を見る >

阪急沿線 駅直結マンション特集

京都線は梅田駅と河原町駅を結ぶ全長45.3kmの路線で、戦前は京阪電気鉄道の路線で「新京阪線」と呼ばれていましたが、戦後阪急電鉄の路線になりました。
京都線沿線には千里線や嵐山線があり、千里線は淡路駅で、嵐山線は桂で接続。千里線は天神橋筋六丁目駅と北千里駅を結ぶ全長13.6kmの路線で、大阪メトロ堺筋線と接続しており、一部の電車は直通運転も実施。大阪メトロ堺筋線の終点である天下茶屋駅は南海本線と接続しており、関西国際空港や和歌山方面へのアクセスに便利な路線でもあります。
休日には観光列車「京とれいん」が運行され、京都線は通勤・通学の役割だけでなく、観光輸送の役割も果たしています。

各沿線で人気の高い駅はこちら

阪急沿線 駅直結マンション特集

大阪の梅田駅と神戸・宝塚・京都を結ぶ阪急沿線の駅周辺は、交通アクセスやショッピングの利便性が高く、多くの人が住みたいと望む人気エリア。資産価値が下がりにくい駅近マンションのなかでも魅力的な駅直結マンションをご紹介します。

Copyright (C) 2018 阪急沿線 駅直結マンション特集 All Rights Reserved.